災害時における製品などのお取り扱いについて

令和2年7月の豪雨災害により被害を受けた当社電気製品の「取り扱い」について

水害の際の当社電気製品のお取り扱いは、下記の点にご注意ください。
水害などにより製品が冠水、またはその痕跡がある場合、漏電、発火の危険が高いので、そのまま使用しないでください。
一見、乾燥しているようでも、内部が乾燥していなかったり、破損している場合があります。
製品が一時的に使用可能な状態であっても、将来事故につながる恐れがあります。
冠水電気製品に関しては修理が不可となりますので、弊社までお問い合わせください。

 

 

災害時における製品などのご相談窓口

TOP